2006年10月20日

責任の所在

まちづくり三法なる法律の記事
を日経(10/19)で読みました。

郊外大型店の出店は厳しくなり
商店街へは支援が厚くなる内容
みたいですが。
支援には税金も当然、使われる
んでしょうか。

郊外への人口、店舗の流出に歯止め
をかけ、駅前等中心市街に都市機能
を集約し、効率のよい街をつくる事
が狙いだそうです。
賛否両論あるでしょう。

肝心なのはこの方法が良い、悪いの
問題より、うまくいかなかった時は
誰がどのようなかたちで責任をとる
のでしょうか。

そこは明確になっているんでしょうか。


転職・福岡”チェンジエージェント”


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。