2008年03月16日

博多おもてなし塾

先日、博多おもてなし塾 という講演を聞きました。

副題に、感動を与える生き方を学ぶ、とありましたが

ほんと、感動を与えてもらった講演会でした。



すごい会社は社長が謙虚、うまくいっていない会社は

社長が自分がいないとダメだと思っている、



そこへ行くと待合室にいるだけで癒されて涙が出そうな病院。

まるで赤ん坊を見ている時ような笑顔を絶やさない従業員。

日曜の夜になるとワクワクしてくるという従業員、なぜなら

明日から職場へ行けるから。

そんな会社があるのかと思うすばらしい会社の事例の数々。




活き活きとした組織を実現するには、自分が活き活きすること。

指は自分に向けること。

など感動する気づきを得て、終わったあと、本気で拍手しました。


この記事へのコメント
こんばんわ。先日電話にてお問合わせをさせていただいたものです。さっそく、拝見させていただきました。
ありがとうございます。
実は、私は営業職ではありますが、モノを売るというより、形のない研修をコーディネイトする仕事を6年ほどしています。現在転職を考えています。
Posted by 増田 瑞穂 at 2008年05月18日 22:14
増田様

コメントありがとうございます。

転職については、”営業のシゴト”の転職アシストから

エントリー頂ければ、ご相談に応じます。

よろしくお願い申し上げます。           kuni
Posted by kuni at 2008年05月18日 23:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。