2007年09月25日

花に対する気持ち

夢プロランチ勉強会、少人数ながら

有意義な会になりました。



ゲストの大濱先生のお話で心に残った

はなしのひとつに、

小学生が犯す、関係する事件があった

小学校を調査した人がある共通項を発見

したという話です。

その方は、事件があった小学校に行き、

校庭から写真をとり続けていたそうです。

そして、発見したこととは、

共通して、校庭に一輪の花もなかったと

いうことでした。

花壇はあっても、花は枯れていたり。



勉強会に参加された元幼稚園の園長さん

は、以前、各クラスに花を同じようにおいて

保育士さんの対応を見ていて、あることに

気づいたそうです。

こまめに水をやり、陽にあてる保育士さんと

ほったらかしにして枯らす保育士さんがいて

園児の気持ちに気づかなかったり、

保護者からクレームがきたりする保育士さんは、

花をほったらかしにしている保育士さんだったそうです。



偶然かもしれませんが、

お花を植える、育てることでこのように結果

が違ってくるという話を聞きました。








転職 福岡”チェンジエージェント”



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。