2008年12月12日

見せ方

バスに乗って帰っていると、新しくオープンするうどん屋

が目に入りました。

前は確か、中華料理のお店でした。

改装して、新しくうどん屋になりましたが、前のお店の

作りと違います。

どう違うかというと、

前のお店だけでなく、一般的なお店の作りと比べて

パッと先に目に入るのがうどんを作っている人たち

の厨房の風景です。


入口入ると、すぐ目の前に厨房が見える作りになってます。

外からも、うどんを作っている従業員の人々の動きが目に

入ります。

麺をこねている人、麺を茹でている人、一生懸命にうどんを

作っている人が目に入ります。


うどんを作っている人達を見ていると、

なんかおいしそうだな、と思います。

おいしそうと思えば、入ろうかなと思います。


もしかしてそういう、人の心理をついたお店の作りなんでしょうか。



見せ方を変えるということで結果を変えるということは大事だな、

と最近感じていたところでした。








福岡での営業職の転職アシスト

営業のシゴト   







上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。