2008年07月06日

組織潜在力

以前、人材育成会社で働いて、また現在、人材紹介業を行っていて

思うことですが、

人材教育も適材適所に配置された組織にまず編成した上で教育を

行わないとその教育効果が十分に発揮できないと思っています。


また人材紹介も、その人材の経験やスキルだけでなく、その会社の

体質や社長との相性が良いかどうか、が実際のところその人材が

その組織で成果を出せるかどうかの非常に大きな比重をしめるポイント

だと思っています。


そのような思いから、適材適所を科学的に証明する”道具”を探していました。


適材適所を科学的に分析できれば、1+1が2以上の組織力が生まれます。

こんな本を発見しました。
















組織潜在力 ~その活用の原理・原則~






福岡 営業 転職 ”営業のシゴト”


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。